PMS

PMSサプリおすすめ123!月経前症候群PMSの改善と対策

PMSサプリおすすめ123です!月経前症候群、生理前のイライラや憂鬱などの症状PMSの改善と対策について

PMSとピルと低用量ピルについて

読了までの目安時間:約 3分

 

piru

「ピル」や「低用量ピル」を聞くとどんな効果があると思いますか?

一番認識されているのが「避妊」ではないでしょうか。

 

他にも、月経痛の緩和や月経不順の改善などがあります

 

ピルは女性ホルモンに作用して体内を「疑似妊娠状態」にする事で排卵を防ぎ妊娠を防ぎます。

薬を飲んでいる間は妊娠中と同じ状態です。

その状態をつくるのが「エストロゲン」と「プロゲステロン類似ホルモン」。

妊娠を望まない女性や月経不順に悩む女性にとって大変効果のある薬ですが、頭痛や吐き気などの副作用があります。

 

そこで、成分量を減らしたのが「低用量ピル」です。

 

成分量が減っても副作用がある事に変わりありませんが、ピルよりも軽度の人が多いです。

ピルは21日周期で飲み7日間あけて再び飲み始めます。

(飲み忘れを防ぐため成分が入っていない錠剤を一週間飲む事もあります。)

 

服用している間は妊娠状態、服用していない一週間は月経中

つまり、月経前の変調「PMS」が起こるタイミングがないんです!

 

全く起こらないのかと言われれば「起こりません!」とは言えませんが、(本当の妊娠ではないので・・・)月経前のホルモン状態になりにくいため症状がかなり軽減される事に間違いはありません。

日本では産科や婦人科の診断なしに低用量ピルを購入する事は出来ません。

 

しかし、海外の通販では簡単に手に入れる事ができます。

 

ピルは21日間同じ成分含有量のものと途中から成分含有量が変わるものがあります。

途中から変わるものは飲み方を間違えると不正出血を起こす危険性があります。

 

そのため低用量ピルを使用したいと思った時は通販で購入するのではなく、産科や婦人科に行って購入するようにしましょう。

PMSの改善、月経痛や月経不順の改善などいい事ずくめのお薬ですが、避妊目的に使用すると思われがちなのが残念ですよね。

しかし、本当に症状がツライ場合は妊娠を希望する時以外は病院で処方してもらうと毎日を快適に過ごせますよ。

 

月経開始日がはっきり分かるのも女性にとってはありがたいですよね。

PMS吐き気対処法

読了までの目安時間:約 3分

 

gero

PMSの症状の一つに吐き気があります。

 

いつもは大丈夫なのにこの時期だけ乗り物酔いをする人もいます。

通学や通勤時、乗り物の中で吐き気が出たらどうしようと不安になりませんか?

胃に異常を感じるため食欲なくなるケースもありますし、PMSの症状の中でも特に「恐怖を感じる」症状の一つです。

 

「ここで吐いたらどうしよう・・・。」「トイレどこ!?」

 

自分ではどうしようもない状態のため本当に怖いですよね。

 

では吐き気が襲ってきた時、どう対処したら早く楽になれるのでしょう。

 

①新鮮な空気で深呼吸をする事

 

少し冷たい空気がベストですがとにかく室内ではなく外の空気を吸う事が一番です。

乗り物の中では難しいですが、電車やバスに乗る時は出来るだけ出入口付近にいるようにすると、ドアが開くタイミングで深呼吸ができますので症状が落ち着きます。

 

②座る。出来れば寝ころぶ

 

安静にする事で胃の不快感が落ち着きます

 

③ミント味のガムや飴を食べる

 

ミントの味やにおいは吐き気を抑える効果があると言われています。バッグに常に入れておくといいでしょう。

しかし、出来れば吐き気なんてない方がいいですよね。

PMSだから仕方ないと思わずに手軽にPMSの症状を抑える事が出来れば吐き気に悩む事もなくなるのでは?と私は思います。

 

誰にでも手軽に出来るのが「サプリメントを飲む事」です。

 

ホルモンに作用し自律神経を落ち着けたり、浮腫み対策ができるサプリメントが色々販売されていますので、試してみてはいかがでしょうか?

症状が出てから対策を取る事ももちろん重要ですが、症状が出る前から対策を取る事で症状を軽くする事もできます。

 

お勧めのサプリメントは「すっぽん」です

コラーゲンなど女性に嬉しい成分も豊富で亜鉛や鉄分・アミノ酸・ビタミンなどPMSに効果のある成分も漏らすことなく入っています。

またゼリータイプなら食べやすく吸収もされやすいです。

何種類ものサプリメントを購入するより少し高価でもすっぽんゼリーひとつを購入する方が

意外に安価の時がありますので試してみてください。

PMS薬と漢方

読了までの目安時間:約 3分

 

pmskusu

女性にとって逃れられないのにとても辛いPMS

症状を軽くするために薬や漢方を使用している人はどれくらいいるでしょう?

 

実はPMSが一番酷く発症しやすいのは環境の変化が起こる春先です。

就職や進学などにより気が付かないうちにため込むストレスや疲れなどが大きく関係してくると言われています。

 

しかしそんな時期は日常生活に忙しくPMS治療を怠りがちになってしまいます。

症状が出る数日前から薬や漢方を使用していれば軽度で済むPMSも、気づかないうちにその日に入ってしまい手遅れになる。

症状が酷く日常生活にも支障をきたす。なんて悪循環に陥ってしまう事もあるでしょう。

 

また薬は即効性があるため常用する事がありません。

イコールで飲み忘れが多いのが難点です。

 

漢方は体内からジワジワと効いてくるものですので、日常的に飲んで問題ありませんが、その独特な味やにおいから特に若い世代には敬遠されがちです。

どちらもPMSの症状改善にとても効果があるのにもったいない!妊娠を希望している人は漢方にも頼らない傾向があります。

漢方も薬ですから確かに「絶対副作用はない」とは言い切れません。

しかし、胎児に影響を及ぼすほどの成分は入っていませんので、妊活中の方でも進んで飲む事をお勧めします。

薬も漢方もイヤ!もっと手軽で飲みやすいものがいい!と思う人にはサプリメントがお勧めです。

 

特にすっぽんはPMSに効果のある成分がたくさん含まれています。

錠剤は飲みにくくてもゼリータイプなら味も良く沢山食べなくても充分効果が出るものもありますので、毎日食べる事に苦痛も感じないでしょう。

 

PMSだけでなくお肌や疲れにも効きますので、薬や漢方薬よりも幅広い効果が得られる可能性もあります。

日常的にはサプリメントで、PMSの始まる少し前から薬や漢方を使用する

などスタイルに合った対処法が見つけられるといいですね。

 

サプリメントや漢方で体質が変われば薬に頼らなくてもよくなる可能性もありますので色々試してみて下さい。

PMSと食べ物の関係性

読了までの目安時間:約 3分

 

pmstabemono

月経前のツライ症状であるPMSが食べ物によって左右される事はご存じでしょうか?

PMS自体の原因ははっきりと解明されていないにも関わらず・・・ですが

実は月経痛に悪い食べ物はPMSにも悪いのです。

 

例えば、冷たい物・辛い物。冷たい物は体を中から冷やして行きます。

体内が冷えると血流が悪くなり浮腫みの原因にもなります。

 

血の巡りが関係するPMSや月経にとって冷えは大敵ですので、出来るだけ温かいものを食べる、飲むようにするとラクになります。

また、刺激物も水分代謝が悪くなる原因ですので避けた方がいいでしょう。

 

同じように塩分濃度の高い物も避けるべきです。

では、逆にPMSの時にとっておきたい食べ物にはどんな物があるでしょう。

 

まず、イライラする時にはカルシウムやマグネシウム、ビタミンB6を多く含む食材が有効です。

ナッツ類や大豆、小魚などちょっとつまむと食欲旺盛になりやすい月経前にちょうどいいオヤツにもなります。

浮腫みやすい人にはカリウムがお勧めです。イモ類や大豆、キノコや水分量の多い野菜に多く含まれます。

便秘には食物繊維ですよね。またヨーグルトなど乳酸菌の入った発酵食品もいい便の味方です。お肌のトラブルにはコラーゲンやビタミンCです。果物などを積極的に摂るようにしましょう。

 

しかし、分かっていても中々思うような食材を食べる事が出来ないものですよね。

実は貧血や生理不順に効果があると言われるリノール酸、ホルモンバランスを整える亜鉛、浮腫みのカリウム、イライラのカルシウム、お肌のコラーゲンなどをバランスよく含む食べ物があります。

 

それが「すっぽん」

 

滋養強壮に効果が高いくコラーゲン豊富と言うことまではよく知られていますが、これだけの栄養素がバランス良く含まれているのです。ですから、すっぽんを食べましょう!と言われても、すっぽんってそんなに身近な食材ではないですよね。

 

今は吸収率の高いすっぽんゼリーが販売されていますので、そちらで代用も出来ます。

バランスの取れた食事 プラス すっぽんゼリーでPMSに負けない体をつくりましょう。

PMSの治療について

読了までの目安時間:約 3分

 

pmstiryo

原因がはっきりしていないPMSですが治療法は存在します。

PMSには約150の症状があると言われています。

 

それら全ての症状は治療をする事で症状を軽くする事ができます。

婦人科などで一番多く使用されているのが「低用量ピル」です。

 

排卵をコントロールする事でホルモンバランスの変化を抑え「生理前」の体にならないため症状が起こる事を防ぎます。

しかし、低用量ピルの弱点は「妊娠しない事」

妊娠を希望する女性には使用出来ない薬です。

 

妊娠を希望する女性には精神安定効果のある漢方がお勧めです。

病院によっては一人一人に合わせて配合してくれますが、漢方薬は体に合わないと逆効果となりますので、自分に合う配合に辿り着くまでに時間がかかる事も珍しくありません。

 

一番手っ取り早く出来る治療法は「サプリメント」です。

 

サプリメントは治療なの?と思われるかもしれませんが、症状を和らげるための方法は治療と言えるのではないでしょうか

 

特にすっぽんゼリーには抗酸化作用や血流をよくする作用がある成分がふんだんに含まれています。

他にもホルモンバランスを整える働きもありますのでPMSの治療に適しているサプリメントです。

 

また、低用量ピルや他の治療薬と違い妊婦さんでも服用出来ます。

 

逆にどんどん変わっていく精神状態や身体的変化で、疲れた妊婦さんに滋養強壮にも効果がありますので「どんどん摂りましょう」とお勧め出来るくらいです。

しかし、サプリメントや痛みどめだけに頼るだけでは毎月の症状の緩和に時間がかかります。

適度な運動とストレスを溜めない解消法探しが一番の治療法なのです。

その補助的役割をすっぽんゼリーなどのサプリメントや漢方薬、痛みどめがはたしてくれると思う方がいいでしょう。

 

何にせよ女性にとって切っても切れないのがPMS

 

閉経するまで毎月付きまとってきます。少しでも楽に生活できるように治療を施しますが、無理があってはストレスが溜まり意味がありません。

自分なりの方法を探して治療する事も病院や薬に頼らないための「手」でもありますよ。

PMSの症状について

読了までの目安時間:約 3分

 

pmssyou

月経前に訪れる体の不調をPMSと言います。

PMSにはどんな症状があるのでしょう?

 

症状は大きく二つに分けられます。

頭痛やめまいなどの「身体的症状」とイライラなどの「精神的症状」です。

 

どちらもはっきりとした原因は分かっていません。

 

身体的症状には「下腹部痛」「頭痛」「腰痛」「乳房の痛み」「胃痛」「肩こり」など痛みを伴うものと「めまい」「むくみ」「喉の渇き」「お腹が張る」「吐き気」「貧血」「微熱」「太る」「疲れやすい」「食欲増進」「動悸」などがあります。

痛み止めの薬を使用する事で痛みを緩和させたり、塩分を控える事で症状を改善させる方法が効果的な治療法とされています。

 

「精神的症状」には「意味もなくイライラする」「憂鬱になる」「眠れない」「異常に眠い」「不安になる」「無気力」「集中できない」「細かい作業が出来ない」などが挙げられます。

 

低用量ピルや精神安定剤、睡眠導入剤などを使用して症状を緩和させる事ができます。

 

これらの症状は毎月決まった時に決まった症状が起こるわけではありません。

先月は頭痛が酷かったけど今月は何だか怠い、など症状自体が変わったり重軽度もその月によって変わりますので、常に酷い症状が出る人以外は予防がしにくい病気でもあります。

 

しかもこれらの症状は女性の約8割が経験しており、いつも感じている人は約4割もいます。

 

特に多い症状が「イライラ」「腹痛」「頭痛」「眠気」「乳房の張り」

イライラする時は出来るだけリラックスできる温かくて甘いドリンクを飲んだり、痛みがある時は痛みどめを飲むなどしましょう。

また軽い運動は体に溜まった水分を排出してくれるので痛みを緩和してくれます。

 

実際ウォーキングを始めたりスポーツを始めた途端症状が出なくなったと言うケースもあります。

適度に体を動かす事でストレスも発散されイライラや不眠が落ち着く事もありますので、症状が酷い人はぜひトライしてみて下さい。ストレスは精神的症状を悪化させる原因でもあります。

自分なりのストレス解消法を見つけて上手にPMSと付き合って行きたいですね

PMS(月経前症候群)とは

読了までの目安時間:約 3分

 

pmstoha

月経の前なんだかイライラする事ありませんか?

また妙に怠くやる気が起こらない、食欲がない・食欲がありすぎる、不安になる、妙に眠いなどの症状

それは「PMS(月経前症候群)」と呼ばれるものです。

 

気付きにくい症状にむくみや微熱などもあります。

 

月経前症候群と言われる理由は月経がはじまると嘘のようになくなるから、昨日までどうしようもなくイライラしていたのに今日は何ともないなと思っていたら月経がはじまったなんて事がよくあるでしょう。

 

PMSの症状は有名ですが原因ははっきりとは解明されていません。

 

また症状がある人と全くない人の違いもはっきりと分かっていません。

先月は症状があったのに今月はないなんて事もあります。

 

考えられる原因は、卵巣ステロイドホルモンに対するホルモンの影響を受ける器官の感受性の差や、レニン・アンジオテンシン系の異常、セロトニンなどの神経伝達物質の異常などが挙げられます。

 

軽いPMSなら問題はありませんが、その症状が重い場合は有効とされる治療法もあります。

薬物療法では対症療法・ホルモン療法・向精神薬。対症療法ではむくみを抑えるための利尿薬や頭痛などを抑える鎮痛薬が用いられます。

ホルモン療法では低用量ピル、向精神薬は精神安定剤や抗うつ薬などが使用されます。

さまざまな症状がありますので、まずは基礎体温を付けその日の精神状況や症状を書きとめたものと一緒にして

婦人科を受診するようにしましょう。

 

また、PMSを理解しその症状のある期間は出来るだけリラックスして過ごす。

冷たい食事や刺激の強い食事や冷たい飲み物は避ける。

 

過度の飲酒・喫煙をやめる。症状に効果のあると言われるサプリ(すっぽんが効果的と言われています)などを飲む

事も有効です。

女性の8割が経験すると言われるPMS(月経前症候群)

女性だから当たり前!我慢しなくちゃ!と思わずに少しでも和らげるための対策を取る事は、日常を円滑に過ごすために大切な事ではないでしょうか。

 

PMSサプリの成分とおすすめのサプリ

読了までの目安時間:約 3分

 

pmssapuri

PMSサプリについて

 

生理前の不調である「PMS」

ホルモンバランスなどが原因とされていますが、

その治療や緩和のためにサプリメントを使用する事も効果的とされています。

 

血圧を下げたり貧血や生理不順を防ぎ、冷え性の改善にもいいとされるリノール酸、

精神の安定や疲労回復に効果のある亜鉛、

体内のカリウムを減らしむくみを抑えるカリウムなどが特に効果的です。

 

もちろん必須アミノ酸やビタミン類もPMSの改善に効果があると言われています。

 

しかし、これらの成分を全てサプリメントで摂るには、いったいいくつのサプリを使用しないといけなくなるでしょうか?

 

特に亜鉛やカリウムは独特な匂いや味がありますので、毎日摂取する事が苦痛になる事もあります。

ストレスもPMSの大敵とされていますし、何よりもツラい治療は長く続けられませんよね。

 

 

いくつもの成分が入ったサプリメントももちろん存在します。

 

そうすると種類も自ずと減ってはきます。サプリメントにはもう一つちょっと気になる事がありますよね。

 

その「成分」の「原料は何?」化学物質で出来ていませんか?

自然由来の成分を使っていますか?

 

気にすればキリがないですが、PMS改善に役立つサプリで一つお勧めのものがあります。

 

それが「すっぽんゼリー」です。

すっぽんと言えば滋養強壮やアンチエイジングですよね。

 

 

コラーゲンのイメージが強いですが実は先ほど挙げた

「リノール酸」「亜鉛」「カリウム」「ビタミン類」「アミノ酸」をバランス良く含んでいます。

 

すっぽんをそのまま食すのが一番ですが毎日は無理!

 

しかし、現在ではすっぽんの成分をそのままにサプリメントにする事が可能になっています。

 

その中でもやはりゼリーは成分の吸収率がよく吸収までの時間も錠剤などに比べて早いためお勧めです。

どれだけ含有量が多くても摂取量が多くても「吸収量」が少ないと、それは「無意味」になってしまいますから

またゼリータイプはフルーティな味が多くデザート感覚で食べやすいのも嬉しいですよね。

 

すっぽんに限らず他にも自然由来の様々なサプリが販売されています。

自分に合ったサプリを見つけられるといいですね。