PMS

PMSサプリおすすめ123!月経前症候群PMSの改善と対策

PMSサプリおすすめ123です!月経前症候群、生理前のイライラや憂鬱などの症状PMSの改善と対策について

PMSの症状で別れ話になる

読了までの目安時間:約 3分

 

wakare

ホントに?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが本当なのです。

PMS(月経前症候群)が引き起こす、女性の生理前の症状は時代の背景と共にパートナーや家庭に影響をもたらすほど深刻な問題になりつつあるのは事実なのです。

例えば働く女性においては、現在30代から50代の方が若い頃(10代から20代の頃)には、
バス会社をはじめ大きな企業では『生理休暇』と言うものが設けられ生理中に休暇を取る事が出来ました。

子の生理休暇制度は年々、経済の不景気なども影響し、廃止される会社も多くなり代わりに有給休暇として支給される事になったようです。

生理休暇にしても有給休暇にしても、簡単に取れる世の中では無いのも現状ですが、今の時代だからこそ『生理休暇』を各企業は設けて欲しいと思います。

PMS(月経前症候群)の主な症状としては、イライラ・憂鬱・泣きじゃくる・倦怠感・冷えなど他にもあるのですが、
PMSの症状で別れ話になるといった深刻な原因の主なものとしてはイライラが激しすぎて恋人や家族に八つ当たりをする・暴力をふるう・別れ話を切り出すなどが挙げられています。

普段は物静かな人でも、元気な人でもPMSの症状で豹変してしまい、実際に恋人と別れた人、夫と離婚してしまった人などが居るのも事実なのです。

PMSの症状で別れ話になるパターンとしては、

①女性本人が思い詰めて別れ話を切り出す。

②普段、恋人や夫に言えない不満が爆発して別れ話を切り出す。

③八つ当たりや暴力に耐えられなくなった恋人や夫の方から別れ話を切り出す。

といった風にパターンとして分かれているようです。

特に深刻と言われている中では若い10代20代の女性では、職場でのストレスが原因で毎月生理前のPMS症状が出ると

毎回大喧ケンカになってしまう事。

母親が子供に執拗以上の叱責をしてしまう事などが問題化されています。

このような事は、女性自身にとっても傷付く事であり、PMS症状がひどい場合には迷わず医師に相談する事をお薦めします。

PMSとピルと低用量ピルについて

読了までの目安時間:約 3分

 

piru

「ピル」や「低用量ピル」を聞くとどんな効果があると思いますか?

一番認識されているのが「避妊」ではないでしょうか。

 

他にも、月経痛の緩和や月経不順の改善などがあります

 

ピルは女性ホルモンに作用して体内を「疑似妊娠状態」にする事で排卵を防ぎ妊娠を防ぎます。

薬を飲んでいる間は妊娠中と同じ状態です。

その状態をつくるのが「エストロゲン」と「プロゲステロン類似ホルモン」。

妊娠を望まない女性や月経不順に悩む女性にとって大変効果のある薬ですが、頭痛や吐き気などの副作用があります。

 

そこで、成分量を減らしたのが「低用量ピル」です。

 

成分量が減っても副作用がある事に変わりありませんが、ピルよりも軽度の人が多いです。

ピルは21日周期で飲み7日間あけて再び飲み始めます。

(飲み忘れを防ぐため成分が入っていない錠剤を一週間飲む事もあります。)

 

服用している間は妊娠状態、服用していない一週間は月経中

つまり、月経前の変調「PMS」が起こるタイミングがないんです!

 

全く起こらないのかと言われれば「起こりません!」とは言えませんが、(本当の妊娠ではないので・・・)月経前のホルモン状態になりにくいため症状がかなり軽減される事に間違いはありません。

日本では産科や婦人科の診断なしに低用量ピルを購入する事は出来ません。

 

しかし、海外の通販では簡単に手に入れる事ができます。

 

ピルは21日間同じ成分含有量のものと途中から成分含有量が変わるものがあります。

途中から変わるものは飲み方を間違えると不正出血を起こす危険性があります。

 

そのため低用量ピルを使用したいと思った時は通販で購入するのではなく、産科や婦人科に行って購入するようにしましょう。

PMSの改善、月経痛や月経不順の改善などいい事ずくめのお薬ですが、避妊目的に使用すると思われがちなのが残念ですよね。

しかし、本当に症状がツライ場合は妊娠を希望する時以外は病院で処方してもらうと毎日を快適に過ごせますよ。

 

月経開始日がはっきり分かるのも女性にとってはありがたいですよね。

生理痛がひどい

読了までの目安時間:約 3分

 

seirituu

女性に一定の周期で訪れる月経

排卵後、受精しなかった卵子が体外に排出される現象で、その際いらなくなった赤ちゃんの布団(胎盤)が剥がれ落ちます。

と、同時に起こるのが生理痛。

 

みんな同じように剥がれるのですが、痛みの具合や出血量は人それぞれです。

また、腹痛だけでなく頭痛や腰痛が起こる事もあります。

 

子宮と頭では全く関係ないのに何故?

女性にはエストロゲンと言うホルモンがあり排卵後に急速に減ります。

エストロゲンが減ると脳内にあるセロトニンと言う物質も減ってしまいます。

 

セロトニンには心のバランスを整える役割があり不足すると偏頭痛やイライラの原因になります。

酷い時にはうつ病になる事もあるのです。

腹痛も酷い時には寝込んでしまう事もあります。

 

月経困難症と言い女性の約3割が悩まされているのです。

 

ほとんどの女性は痛みどめの市販薬を服用する事で、月経困難症の痛みを緩和させています。

また、中には低用量ピルを服用している人もいるでしょう。

 

しかし、痛みだけでなく貧血や立ちくらみが起こる人は仕事や学校を休む事もあります

が、こんなひどい生理痛もある程度なら緩和する事ができます。

 

まず、体を温める

バランスのいい食事と無理のない運動をする

生活習慣を見直す

 

生理痛もPMSもどちらも女性のホルモンが主な原因ですので、その対処法もほぼ同じです。

特に血液の循環を悪くする「冷え」は大敵です。

うまく排出されなかった血液が固まり頑張って排出させようと、痛みを伴う物質の分泌量が増えてしまうからです。

実際生理痛が酷すぎて救急車で運ばれる人もいるくらいです。

 

たかが生理痛、毎月の事と我慢せずに少しでも痛みが楽になるような生活を心がけるようにしましょう。

また、酷すぎる生理痛は子宮筋腫や子宮内膜症の危険性もあります。

我慢しすぎず婦人科を受診して病気の有無などを調べて貰うほうがいいでしょう。

またエストロゲンの働きに作用するすっぽんを食べる事も効果的ですのでサプリメントなどで試してみて下さいね。

PMS吐き気対処法

読了までの目安時間:約 3分

 

gero

PMSの症状の一つに吐き気があります。

 

いつもは大丈夫なのにこの時期だけ乗り物酔いをする人もいます。

通学や通勤時、乗り物の中で吐き気が出たらどうしようと不安になりませんか?

胃に異常を感じるため食欲なくなるケースもありますし、PMSの症状の中でも特に「恐怖を感じる」症状の一つです。

 

「ここで吐いたらどうしよう・・・。」「トイレどこ!?」

 

自分ではどうしようもない状態のため本当に怖いですよね。

 

では吐き気が襲ってきた時、どう対処したら早く楽になれるのでしょう。

 

①新鮮な空気で深呼吸をする事

 

少し冷たい空気がベストですがとにかく室内ではなく外の空気を吸う事が一番です。

乗り物の中では難しいですが、電車やバスに乗る時は出来るだけ出入口付近にいるようにすると、ドアが開くタイミングで深呼吸ができますので症状が落ち着きます。

 

②座る。出来れば寝ころぶ

 

安静にする事で胃の不快感が落ち着きます

 

③ミント味のガムや飴を食べる

 

ミントの味やにおいは吐き気を抑える効果があると言われています。バッグに常に入れておくといいでしょう。

しかし、出来れば吐き気なんてない方がいいですよね。

PMSだから仕方ないと思わずに手軽にPMSの症状を抑える事が出来れば吐き気に悩む事もなくなるのでは?と私は思います。

 

誰にでも手軽に出来るのが「サプリメントを飲む事」です。

 

ホルモンに作用し自律神経を落ち着けたり、浮腫み対策ができるサプリメントが色々販売されていますので、試してみてはいかがでしょうか?

症状が出てから対策を取る事ももちろん重要ですが、症状が出る前から対策を取る事で症状を軽くする事もできます。

 

お勧めのサプリメントは「すっぽん」です

コラーゲンなど女性に嬉しい成分も豊富で亜鉛や鉄分・アミノ酸・ビタミンなどPMSに効果のある成分も漏らすことなく入っています。

またゼリータイプなら食べやすく吸収もされやすいです。

何種類ものサプリメントを購入するより少し高価でもすっぽんゼリーひとつを購入する方が

意外に安価の時がありますので試してみてください。

PMS(月経前症候群)とは

読了までの目安時間:約 3分

 

pmstoha

月経の前なんだかイライラする事ありませんか?

また妙に怠くやる気が起こらない、食欲がない・食欲がありすぎる、不安になる、妙に眠いなどの症状

それは「PMS(月経前症候群)」と呼ばれるものです。

 

気付きにくい症状にむくみや微熱などもあります。

 

月経前症候群と言われる理由は月経がはじまると嘘のようになくなるから、昨日までどうしようもなくイライラしていたのに今日は何ともないなと思っていたら月経がはじまったなんて事がよくあるでしょう。

 

PMSの症状は有名ですが原因ははっきりとは解明されていません。

 

また症状がある人と全くない人の違いもはっきりと分かっていません。

先月は症状があったのに今月はないなんて事もあります。

 

考えられる原因は、卵巣ステロイドホルモンに対するホルモンの影響を受ける器官の感受性の差や、レニン・アンジオテンシン系の異常、セロトニンなどの神経伝達物質の異常などが挙げられます。

 

軽いPMSなら問題はありませんが、その症状が重い場合は有効とされる治療法もあります。

薬物療法では対症療法・ホルモン療法・向精神薬。対症療法ではむくみを抑えるための利尿薬や頭痛などを抑える鎮痛薬が用いられます。

ホルモン療法では低用量ピル、向精神薬は精神安定剤や抗うつ薬などが使用されます。

さまざまな症状がありますので、まずは基礎体温を付けその日の精神状況や症状を書きとめたものと一緒にして

婦人科を受診するようにしましょう。

 

また、PMSを理解しその症状のある期間は出来るだけリラックスして過ごす。

冷たい食事や刺激の強い食事や冷たい飲み物は避ける。

 

過度の飲酒・喫煙をやめる。症状に効果のあると言われるサプリ(すっぽんが効果的と言われています)などを飲む

事も有効です。

女性の8割が経験すると言われるPMS(月経前症候群)

女性だから当たり前!我慢しなくちゃ!と思わずに少しでも和らげるための対策を取る事は、日常を円滑に過ごすために大切な事ではないでしょうか。