加味逍遥散(かみしょうようさん)

PMSサプリおすすめ123!月経前症候群PMSの改善と対策

PMSサプリおすすめ123です!月経前症候群、生理前のイライラや憂鬱などの症状PMSの改善と対策について

加味逍遥散(かみしょうようさん)とは

読了までの目安時間:約 3分

 

kami

漢方薬は副作用が比較的少ないとして、最近では市販薬はもちろん医療の現場でも使われるようになっています。
漢方と呼ばれ、何種類もの生薬を組み合わせて「その人の体の症状に合わせて」選ぶことが出来る薬として注目されています。
生薬の働きは、各生薬ごとに組み合わせる事で、服用する人の体格や症状、

また血の巡りなどを主軸として処方されます。
精神薬に抵抗がある方でも、漢方なら抵抗なく飲めると言う方も少なくありません。
PMS(月経前症候群)の治療として処方されるのが、『加味逍遥散』です。加味逍遥散(かみしょうようさん)は血行改善を図るため、
火照りを軽セーブするために余分な水分を取り除く効果があるとして使われます。
痛みにも有効とされる生薬が配合されており、最近ではPMSに悩み病院で診察を受け処方される

お薬にも積極的に取り入れられています。
加味逍遥散を処方される時に医師が見極める判断のポイントとして、服用される方の体格や体質を診ます。
加味逍遥散は比較的栄養状態が中度から虚弱とされている方に用いられることが多く、

効能として代表的なものは、冷え・お血・虚弱・気上衝(のぼせ・イライラ・緊張)などです。
飲み方としては食前に飲む事が基本なのですが、漢方は独特の匂いや味があるため、

飲みにくいとされる部分もあるので、慣れるまでは少し底辺かもしれません。
そのような時は食後でも構わないと思います。
飲み続ける事で、生理を重ねるごとにPMS(月経前症候群)の症状が軽減したと言う方もいらっしゃいます。
加味逍遥散をPMS(月経前症候群)の治療にいかに効果的に発揮させるかには、

先ず自分の体質体格と加味逍遙散が合っているかどうか、また根気よく飲み続けられるかどうか

という事もポイントになって来ます。
副作用については、全く皆無という訳ではなく、比較的少ないと言う事ですので、

個人によっては胃の不快感や吐き気などが起こる場合もあります。
また、甘草を含む他の漢方薬と併用する場合には注意が必要なので必ず医師または薬剤師さんに相談しましょう。

プレフェミンについて

読了までの目安時間:約 3分

 

dath7t

プレフェミンとは?
PMS(月経前症候群)のに対する不快症状の改善方法として、内服薬が挙げられるのですが、

日本では医師の元で処方されるお薬として扱われていましたので、
PMS(月経前症候群)で悩んでいる女性にとっては病院へ行かないと処方されない薬とされてきました。
現代の女性は忙しく、特に働く女性は会社を休んで病院に行くとなると上司に許可を貰わないとなりません。

実は、この上司に許可を貰うという事が女性のストレスだったりするのですね。
病院へ行き、医師からPMS(月経前症候群)の、処方箋を貰わないとお薬を飲む事が出来ないという事が、2014年の9月10日に解決される事になりました。
それが『プレフェミン』の誕生です。

 

プレフェミンは、日本で唯一とされている日本で最初に認可が下りたPMS(月経前症候群)の治療薬として、
市販薬として薬局やドラックストアの店頭に販売さっれる事になりました。
この、プレフェミンの誕生によって、自分がPMS(月経前症候群)ので悩まされていると言うたくさんの女性の悩みが解消する事に繋がり、働く女性でも会社を休む事無く、PMSの治療を自分で出来るようになったのです。

 
プレフェミンが日本で認可が下りたとされている理由として、西洋ハーブのチェストベリーに薬としての効果と安全性が認められた事が挙げられます。
購入の際には薬剤師の説明を聞いたうえでの購入となります。
生理を経験している約8割とも言われる女性が何らかのPMS症状を経験していると言う時代、症状の個人差はあるものの、
ホルモンバランスの崩れや乱れによるものから起こる事がわかっています。

 
そう言う点では、安全性が確認されたプレフェミンは病院へ行かなくても自分で対処できる方法として、
PMS(月経前症候群)を抱えている女性の強い味方になってくれるのではないでしょうか。

 
副作用については比較的、少ないとされていますが、薬剤師に聞くなどして確認しておくことも大切です。
また、プレフェミンの服用と共に生活リズムを整えたり、生活習慣を見直してるのもPMS(月経前症候群)の症状を軽減する事に繋がります。

PMS薬と漢方

読了までの目安時間:約 3分

 

pmskusu

女性にとって逃れられないのにとても辛いPMS

症状を軽くするために薬や漢方を使用している人はどれくらいいるでしょう?

 

実はPMSが一番酷く発症しやすいのは環境の変化が起こる春先です。

就職や進学などにより気が付かないうちにため込むストレスや疲れなどが大きく関係してくると言われています。

 

しかしそんな時期は日常生活に忙しくPMS治療を怠りがちになってしまいます。

症状が出る数日前から薬や漢方を使用していれば軽度で済むPMSも、気づかないうちにその日に入ってしまい手遅れになる。

症状が酷く日常生活にも支障をきたす。なんて悪循環に陥ってしまう事もあるでしょう。

 

また薬は即効性があるため常用する事がありません。

イコールで飲み忘れが多いのが難点です。

 

漢方は体内からジワジワと効いてくるものですので、日常的に飲んで問題ありませんが、その独特な味やにおいから特に若い世代には敬遠されがちです。

どちらもPMSの症状改善にとても効果があるのにもったいない!妊娠を希望している人は漢方にも頼らない傾向があります。

漢方も薬ですから確かに「絶対副作用はない」とは言い切れません。

しかし、胎児に影響を及ぼすほどの成分は入っていませんので、妊活中の方でも進んで飲む事をお勧めします。

薬も漢方もイヤ!もっと手軽で飲みやすいものがいい!と思う人にはサプリメントがお勧めです。

 

特にすっぽんはPMSに効果のある成分がたくさん含まれています。

錠剤は飲みにくくてもゼリータイプなら味も良く沢山食べなくても充分効果が出るものもありますので、毎日食べる事に苦痛も感じないでしょう。

 

PMSだけでなくお肌や疲れにも効きますので、薬や漢方薬よりも幅広い効果が得られる可能性もあります。

日常的にはサプリメントで、PMSの始まる少し前から薬や漢方を使用する

などスタイルに合った対処法が見つけられるといいですね。

 

サプリメントや漢方で体質が変われば薬に頼らなくてもよくなる可能性もありますので色々試してみて下さい。