PMSと眠気

PMSサプリおすすめ123!月経前症候群PMSの改善と対策

PMSサプリおすすめ123です!月経前症候群、生理前のイライラや憂鬱などの症状PMSの改善と対策について

PMSと眠気について

読了までの目安時間:約 3分

 

sleepdesk

PMSと眠気には深い関係があります。

 

生理前には黄体ホルモンが多く分泌される事により、セロトニンと言われる睡眠には欠かせないホルモンの働きを低下させてしまう為、夜の睡眠が浅くなったり、熟睡できなかったりする為、昼間に眠気が襲ってくると言われています。
更に、生理痛などを和らげる鎮痛剤には痛みを軽減させる成分が含まれており、眠気をさらに強くするとも言われてます。
セロトニン不足が夜の睡眠の妨げになりスムーズな睡眠の妨げになっているのです。
PMSと眠気については、他にもイライラして疲れてしまう。

疲労感・倦怠感が強い事から眠気を誘う場合もあると言われています。
OLの方が、生理前から生理中は眠くて眠くて仕事にならない、という声を聞いた事がありませんか?
これもPMSが引き起こす眠気が原因となる事が強いです。

気をつけなければならない事として、自動車の運転や機械の操作などがあります。
特に自動車の運転は眠気が強い時には運転を避け、交通手段を公共のものを使うなどして下さい。
また、仕事でのミスが出やすい事もあります。

入力作業などでは、入力ミスなどが多々ある事が多いので大事な仕事は、
PMSだとわかっている時には控えるようにした方がいいかと思います。
対策としては、眠気そのものを抑えるよりもPMS全体的に軽減させる方法を取りましょう。
医師から処方してもらった内服薬や即効性のあるPMS注射などを利用するのもよいでしょう。
とにかく、生理が終わるまでの間ですので苦痛にならない様に出来るだけリラックスして過ごしたいものです。
眠くてしょうがないという時には、思い切って昼夜構わず眠る事もいいでしょう。

 

PMSの期間が過ぎれば睡眠リズムは元に戻るようになります。
PMSと眠気に関しては、栄養ドリンクを飲んで頑張るとか、アルコールで眠気を吹き飛ばそう!と言うよりも、
眠気と上手に付き合う、眠気を呼ばない様にすると言った方法を取る方がベターなのです。

 

PMSの緩和方法

読了までの目安時間:約 3分

 

yasaii

「生理が来るたびに辛い」「生理が無い方がマシ」と、PMS(月経前症候群)に悩む女性が後を絶ちません。
PMSの症状には個人差があるとはいえ、症状の酷い人は本当に辛く憂鬱になり深刻に考えてしまう方も少なくないのです。
「まるで妻が別人」とある奥様のご主人が言ったように、自分でも抑えが利かないほどのイライラや落ち込み、

訳も分からなく悲しいなど、その人の人格が生理前だけ豹変してしまう。。。と言った症状に悩まされるのです。
最近では本人だけではなく、夫や子供になど家族全体の問題となり、それが離婚や家族間のギクシャク間に

繋がる事も残念ながら少なくないのです。
とはいえ、生理前のPMS(月経前症候群)期間はほんの数日から長くても1週間です。

その事で家族間がギクシャクしてしまうなんて悲しいですし、何としても防がなければなりません。
そこで、PMSを緩和する方法が積極的に取り入れられるようになりました。
産婦人科やカウンセリングでの処方箋、またレディースクリニックでのPMS注射など、

内服しながら状態を乗り越えたり、注射などで即効性を期待する女性も多くなりました。
PMSの緩和方法のポイントは『一時的である事』の症状に対して、

いかに自分が辛くならない様にする事では無いでしょうか。
内服薬やPMS注射と並行して、気分転換なども積極的に取り入れてみるのもPMS緩和方法のひとつです。
「何もする気になれない」と言う生理前の心境が多いものですが、例えばPMSに悩む女性のサークルや

気の合う人とのお喋りなんかもおすすめです。
一人でゆっくりと過ごしたい、それもOK!

 

生理が終わると嘘のように症状が消えるPMSに対して怖がらずに、その時を過ごす事なのです。
心身的な症状の他に腹痛や腰痛などがあれば鎮痛剤を並行し、身体的な苦痛をなるべく除外し自分のやりたいと思う事を

どんどんしてみましょう。
ただし、アルコールには注意です。

二日酔いや悪酔いが酷くなる可能性が強いので、アルコール以外の事でPMS緩和方法を探してみましょう。

 

PMSで胸の圧迫感と呼吸苦

読了までの目安時間:約 3分

 

yokuatude

生理前の一時的な物とは言え、PMSが引き起こす不快な症状はむやみに怖がる事はしなくてはよいものの軽く考えてもいけません。
中でも、胸の圧迫感や呼吸苦を引き起こす方にとっては深刻です。

生理中とは普段の体調と違い、どこか体の不調を抱えているもので、
そんな日でも働く女性も一家の主婦も、やらなくてはならない事が多いのです。
胸の圧迫感も呼吸苦も一時的とはいえ、何か月か続けて整理の度に繰り返すとトラウマになってしまい恐怖感さえ覚えてしまいます。
それでは本末転倒、「またなるかもしれない。。」と不安を抱えたまま毎月の生理を迎えなければなりません。
揃えだけでは無くて、にんげんはどこかしら痛みや不快感を一度経験すると脳が記憶してしまうという事もあります。
PMSが引き起こす不快症状には身体的な症状と心身的な症状があります。

胸の圧迫感と呼吸苦が生理が終わっても続くようでしたら、
違う病気の可能性もあるかもしれませんので病院で詳しく診察してもらった方がいいかと思います。
しかし、たいがいのPMSから引き起こる胸の圧迫感と呼吸苦は女性のホルモンバランスの乱れが原因とされています。
普段は何でも無い事でも、生理前には黄体ホルモンが増加する事と免疫力が一時的に低下する事でメンタル的にも弱くなっています。
抱えている悩みや、心配事が一気に生理前の時期に大きな不安となってしまい胸の圧迫感や呼吸苦を引き起こす事も考えられます。
何度も繰り返していると、悪循環になってしまうので、医師に相談し、PMSの症状からうまく付き合っていけるように必要があれば処方箋を出してもらう事も方法のひとつです。
お薬を飲む事に抵抗がある方も多いかもしれませんが、精神的な事が大きく影響しているPMSでの胸の圧迫感と呼吸苦は、

パニック障害や過呼吸にもなり兼ねないので、未然に防ぐ手段を取る事も方法です。
最近ではカウンセリングや認知療法・またサプリメントなどを服用する事でPMSが軽減する方も居ますので、

一人で悩まないで相談して見る事をおすすめします。

PMSの症状について

読了までの目安時間:約 3分

 

pmssyou

月経前に訪れる体の不調をPMSと言います。

PMSにはどんな症状があるのでしょう?

 

症状は大きく二つに分けられます。

頭痛やめまいなどの「身体的症状」とイライラなどの「精神的症状」です。

 

どちらもはっきりとした原因は分かっていません。

 

身体的症状には「下腹部痛」「頭痛」「腰痛」「乳房の痛み」「胃痛」「肩こり」など痛みを伴うものと「めまい」「むくみ」「喉の渇き」「お腹が張る」「吐き気」「貧血」「微熱」「太る」「疲れやすい」「食欲増進」「動悸」などがあります。

痛み止めの薬を使用する事で痛みを緩和させたり、塩分を控える事で症状を改善させる方法が効果的な治療法とされています。

 

「精神的症状」には「意味もなくイライラする」「憂鬱になる」「眠れない」「異常に眠い」「不安になる」「無気力」「集中できない」「細かい作業が出来ない」などが挙げられます。

 

低用量ピルや精神安定剤、睡眠導入剤などを使用して症状を緩和させる事ができます。

 

これらの症状は毎月決まった時に決まった症状が起こるわけではありません。

先月は頭痛が酷かったけど今月は何だか怠い、など症状自体が変わったり重軽度もその月によって変わりますので、常に酷い症状が出る人以外は予防がしにくい病気でもあります。

 

しかもこれらの症状は女性の約8割が経験しており、いつも感じている人は約4割もいます。

 

特に多い症状が「イライラ」「腹痛」「頭痛」「眠気」「乳房の張り」

イライラする時は出来るだけリラックスできる温かくて甘いドリンクを飲んだり、痛みがある時は痛みどめを飲むなどしましょう。

また軽い運動は体に溜まった水分を排出してくれるので痛みを緩和してくれます。

 

実際ウォーキングを始めたりスポーツを始めた途端症状が出なくなったと言うケースもあります。

適度に体を動かす事でストレスも発散されイライラや不眠が落ち着く事もありますので、症状が酷い人はぜひトライしてみて下さい。ストレスは精神的症状を悪化させる原因でもあります。

自分なりのストレス解消法を見つけて上手にPMSと付き合って行きたいですね