生理前の食欲不振

PMSサプリおすすめ123!月経前症候群PMSの改善と対策

PMSサプリおすすめ123です!月経前症候群、生理前のイライラや憂鬱などの症状PMSの改善と対策について

生理前の食欲不振の原因って?

読了までの目安時間:約 3分

 

syokiyokunai

女性って大変ですね。

でも、女性が居る事で場が華やかになったり癒されたりする事もたくさんあります。
そんな女性が毎月の任務とも言うべき体を保っていくために起こるのが生理です。

 

そして、その生理が何の不快も無く毎月順調に訪れて終わるサイクルなら良いのですが、
大半の女性が抱えているとも言われているPMS(月経前症候群)に悩まされているのが現状でもあります。
PMS(月経前症候群)の特徴としては、イライラ・倦怠感・憂鬱など心身的症状と共に腰痛・腹痛・頭痛なども挙げられます。
個人個人によって症状が異なるものの、これもPMS?と思うような症状が『食欲不振』です。
PMS(月経前症候群)によく言われる、イライラや倦怠感が酷くないのに、生理前になると食欲がガタンと落ちる。

生理痛は酷くないのに生理前になると食欲不振になる。
何か違う病気が潜んでいるのかも。。と不安になる女性もいるようです。
しかし、この生理前の食欲不振も実はPMS(月経前症候群)が原因なのです。

生理前の食欲不振は何も異常と捉える事はありません。
生理前になると女性の体は要らなくなった血液を外へ排出しようと血液に圧力をかけ始めます。
すると骨盤全体が、うっ血状態になり骨盤内が充血し始めます。

 

この働きによって子宮が大きくなり神経を圧迫し下腹部が張ったようになるのです。
こうなると、自然とお腹が張って何も食べたくない状態になるのです。
単に、お腹が張る事だけではなく子宮に圧がかかっている事で、実は女性の体はすごく疲れていて

疲労感を感じる女性も多くなるのです。
そんなに疲労感を感じないと言う女性でも、自分では気付かない間に自分の体に疲労がたまっている状態になっているのです。
これが生理前に食欲不振の大きな理由なのです。
生理前の食欲不振がPMS(月経前症候群)の仕業だと気付かないのも特徴です。
生理前の食欲不振に関しては、長く続かない様であれば特にお薬を服用する事も無く、

リラックスして生理が始まるのを待つのも方法です。

生理前のホルモンバランスについて

読了までの目安時間:約 3分

 

horumon

女性の体はホルモンバランスによって生成されていると言っても過言ではありません。
そのくらい、女性にとってホルモンバランスは日々の女性の体リズムに影響力があるものでもあり、欠かせない大切なものなのです。
ホルモンの働きが正常に行われている時、女性の体はイキイキとして調子がよく不快感なく過ごす事が出来ます。
しかし、このホルモンバランスが崩れると何らかの形で体の不調が起こります。

 

その一つと言えるのが生理前のホルモンバランスです。
生理前のホルモンバランスは排卵の後の、老廃物を体外に排出するための生理が起こることで崩れます。
生理前ホルモンの症状として多くの女性が訴えているのが『胸の張り・痛み』です。

胸の大きさに関係なく胸が全体的に張って、
少しでも胸に何かが触れると跳び上がるほど痛いと言う方も少なくありません。
これは生理に関わるホルモンである、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)という二つの女性ホルモンが変動することにより生理を引き起こすため胸に症状が出るとされています。
生理前ホルモンの影響で現れる体の変化としては、イライラ・憂鬱・冷え性・ほてり・性欲の増加なども挙げられます。
プロゲステロン(黄体ホルモン)分泌の増加が生理前ホルモンの正体という事です。
生理が始り、終わるころにかけてエストロゲン(卵胞ホルモン)が徐々に分泌量を増やし始める事で胸の張りも無くなり、女性の体の次の新しいサイクルに入って行くという訳なのです。
生理前ホルモンバランスとしてエストロゲン(卵胞ホルモン)が少なくなると女性の体に不快感が起こる事から、プロゲステロン(黄体ホルモン)と比べて、
どちらも必要不可欠で少なくても多すぎてもダメだという事になります。
エストロゲン(卵胞ホルモン)のほうが、女性らしさを作るホルモンとして『良いホルモン』と思われるかもしれませんが、
生理前ホルモンバランスとしては、どちらも必要な時期にまんべんなく出て来る事が正常かつ、理想であると言えるのではないでしょうか。

生理前ニキビの原因

読了までの目安時間:約 3分

 

azf5iu

生理前ニキビの原因について

女性にとって無くてはならない生理。しかし、毎月のものであるがために、全ての女性が生理中を不快感なく過ごしているかと言うとそうでも無いのです。
腹痛・腰痛・倦怠感に眠気、また、生理中のみならず生理前にホルモンが引き起こす女性の症状としてPMS(月経前症候群)でイライラや憂鬱なども女性にとって悩みの種である事が少なくありません。
また、症状だけでなく生理前にニキビが出ると言う方も多いのです。
生理前にニキビが出る原因として考えられるのは、生理に伴う免疫力の一時的な低下と黄体ホルモンが関わっているとされています。
女性の体は排卵後から次回の整理までに黄体ホルモンが増えると言われています。

 

黄体ホルモンが増えると通常の肌状態よりも皮脂分が多く分泌されて自分でも「肌が脂っぽい」とわかる人も居ます。
この皮脂分が増加して分泌される事がニキビを作る原因となるのです。
個人個人で生理前の症状は違いますが、ニキビがポツポツ出始めると「生理が近いのかな」と

自分の体せいくるとしてサインとして受け止める方も多いようです。
普段からニキビ肌でない方にも生理前になるとニキビができると言う方は少なくありません。
また、便秘も少なからず影響しています。

便秘がちになると顎の部分にニキビが出る事があります。
便秘をしているという事は老廃物が体内に溜まっている状態でもあり、皮脂分が肌に出てしまってニキビを引き起こす事とも考えられています。
いずれにしてもニキビが出来ると厄介ですね。

生理前の一時的とはいえ毎月出来るのも困りものです。
では、生理前のニキビをどう防ぐかなのですが、先ずは基礎体温を記録する習慣をつけましょう。

それから自分の排卵日を知る事によって、次回の整理日を予測できます。
排卵日が終了してから次回の生理までの間は、暴飲暴食・飲酒を避け、野菜の多い食事を摂るようにしましょう。
摂取量としてはお腹いっぱいではなく腹八分目がベストです。また、お肌のお手入れとして

清潔と保湿を保てるようにお手入れして下さい。